スクールIE鈴鹿校

【鈴鹿校】先生たちの勉強会を行いました

2020-02-03

少し前になってしまいますが、昨年、10月27日(日)に三重県内IEの先生と室長が総勢約50名集まり、

県立高校の出題傾向を分析し、対策を話し合う勉強会を行いました。

 

分析会の後は、明日の授業から役立つよう、先生役と生徒役に分かれての模擬授業を行いました。

鈴鹿校から出席した先生の感想です。

  • グループワークで、今まで意識してこなかった視点からのアプローチを知りえたので、今後、「必要なタイミングで、必要な言葉がけ」をする重要性を大切にしていきます。
  • 昨今の入試の傾向として、知識として覚えるべきことだけでなく、自分で考えて文章に起こして伝える力が求めてられていることを知りました。同じ問題やテーマに対しても、各先生によって、アイデアやアドバイスが異なっていてとても勉強になりました。
  • 研修を通じて、生徒との信頼関係を上手く築くことはとても大切な事だと改めて感じました。生徒たちの人生に深く関わっているんだという意識を今まで以上に強く持ち、こらから行動していきたいと思います。
  • 研修中で話題に上がった、逆算という考え方は、確かに生徒に焦りを感じてもらう上で有効な手法だと共感できた。また、将来的な夢だけでなく、進学先でやりたいことなどを引き合いに出して、生徒の勉強への熱意を上げていきたい。
  • 研修中に行った分析結果を積極的に生徒たちに伝え、グループ討論での他校の先生たちの体験談もしっかり生徒たちに伝えていきます。
  • 今回、入試問題を深く分析した結果、勉強しなければならない範囲の広さ、試験問題の量、時間配分等、これから対策していかなければならないことが多数あることが理解できた。入試日から逆算して計画を立てていく必要性を強く感じた。

電話する

お問い合わせ